診療案内

一般内科

風邪

「風邪」は、正確には「風邪症候群」と言われ、鼻腔から喉頭までの気道(上気道)に起こる急性の炎症による症状のことをいいます。時として、この炎症が下気道(気管、気管支、肺)にまで広がると「気管支炎」や「肺炎」といった病気になります。「風邪」の原因は、80~90%がウイルスといわれています。主な原因ウイルスとしては、ライノウイルス、コロナウイルスが多く、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが続きます。ウイルス以外では、一般細菌、肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなど特殊な細菌も原因となります。
「風邪」を引いた人からくしゃみや咳によって飛び出した病原体が、気道内に入って気道粘膜に付着し、細胞に侵入して病原菌が増殖することから始まるとされています。ただし、発症するかどうかは、環境の要因や感染した人の要因によって決定されます。
ウイルス感染が原因であれば、対症療法(症状のみを緩和する治療)となります。具体的には、解熱剤、咳止め、抗炎症剤、去痰剤などを症状に合わせて処方します。細菌感染には抗生物質による治療効果が期待できますので、抗生物質を処方します。また、症状に応じて適応する漢方薬を処方することもできます。

糖尿病

糖尿病は、膵臓から出るホルモンであるインスリンが十分に働かず、血液中を流れるブドウ糖が増えてしまう病気です。血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(慢性合併症)につながります。また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります(急性合併症)。糖尿病になるとインスリンが十分に働かず、血糖をうまく細胞に取り込めなくなるため、血液中に糖があふれてしまいます。これには、2つの原因があります。

インスリン分泌低下

膵臓の機能の低下により、十分なインスリンを作れなくなってしまう状態。細胞に糖が中に入れず、血液中にあふれてしまいます。

インスリン抵抗性

インスリンは十分な量が作られているけれども、効果を発揮できない状態。運動不足や食べ過ぎが原因で肥満になると、インスリンが働きにくくなりますこの場合も、血液中に糖があふれてしまいます。
糖尿病の種類、程度に応じて、食事・運動療法、内服治療、インスリン注射による血糖コントロールを行います。

脂質異常症(高脂血症、高コレステロール血症)

脂質の異常には、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)、善玉コレステロール(HDLコレステロール)、中性脂肪(トリグリセライド)の血中濃度の異常があります。コレステロールはそのままでは血液に溶けることができないため、リポ蛋白という粒子に含まれて、血液の流れに乗ってからだの隅々まで運ばれます。
LDL(低密度リポ蛋白)とは肝臓から出てきたリポ蛋白が小さくなったもので、血液中で最も数が多い粒子です。この中に含まれるコレステロールをLDLコレステロールといいます。全身の組織や細胞は、主にこのLDLからコレステロールを取り込みます。LDLは血管壁に入り込み、動脈硬化の原因になります。
HDL(高密度リポ蛋白)とは体の細胞から使われなくなったコレステロールを肝臓に運ぶ粒子で、この中に含まれるコレステロールをHDLコレステロールといいます。HDLは脂質が蓄積して動脈硬化を起こした血管からもコレステロールを引き抜くことができます。
これらの脂質の値が基準値から外れた状態を、脂質異常症と言います。脂質異常症(特にLDLコレステロール、トリグリセリドが高値、HDLコレステロールが低値)の状態が持続すると動脈硬化を進行させます。

LDLコレステロールの高値の原因

第一に食事中の飽和脂肪酸のとりすぎがあげられます。飽和脂肪酸は、肉の脂身(赤身ではなく白い部分。バラ肉、ひき肉、鶏肉の皮も含む)・バターやラード・生クリームなどに多く含まれます。パームヤシやカカオの油脂、インスタントラーメンなど加工食品にも含まれています。一般的には、冷蔵庫の中で固まっている油脂は、飽和脂肪酸の多い油脂であることが多く、サラダ油や魚油のような液体の油は、不飽和脂肪酸の多い油脂であることが多くなっています。
また、食事中のコレステロールもLDLコレステロールを高くします。食事中のコレステロールは、主に鶏卵の黄身や魚卵から摂取されます。なお、食事中のコレステロールの上限値については専門家の間で決着がついておらず、現行の厚生労働省「日本人の食事摂取基準」では、食事中のコレステロールについては上限値を設けていません。しかし、食事中のコレステロールを無制限にとってよいということではありません。LDLコレステロールが高い人で、飽和脂肪酸やコレステロールを食べる量が非常に多い人は、その量を控えることで、比較的容易にLDLコレステロールを下げることができます。

トリグリセライド(中性脂肪)の高値の要因

エネルギーのとりすぎがあげられ、特に甘いものや酒・油もの・糖質のとりすぎがあげられます。砂糖の入ったソフトドリンクを飲む習慣のある人も多い傾向があります。これらを改めて運動や減量を行うことで、中性脂肪を下げることができます。また背の青い魚に多く含まれるn-3系(ω-3系)多価不飽和脂肪酸には、トリグリセライド(中性脂肪)を下げる働きがあります。
HDLコレステロールの低値はトリグリセライド(中性脂肪)の高値と連動することが多く、その要因は、肥満や喫煙・運動不足です。運動や減量・禁煙によりHDLコレステロールの上昇が見込まれます。また飲酒には、HDLコレステロールを高くする働きがありますが、飲酒は1合からでも高血圧や肝障害を悪化させますので、HDLコレステロールを上昇させるために飲酒を勧めることはできません。以上のことを心掛けても改善しない場合には内服による治療が必要となります。

高血圧

血圧とは、血液が動脈を流れる際に血管の内側にかかる圧力のことです。よく、血圧の「上」とか「下」という言い方をしますが、上は心臓が収縮して血液を送り出したときの「収縮期血圧(最高血圧)」のことで、下は心臓が拡張したときの「拡張期血圧(最低血圧)」のことです。収縮期血圧が140㎜Hg以上、拡張期血圧が90㎜Hg以上のとき、高血圧と診断されます。
血圧は、心臓から押し出される血液の量(心拍出量)と、血管の太さ(正確には血管内径)・血管壁の弾力性によって決まります。血液の量が多ければ血管の壁には強い圧力がかかり、高血圧になります。また、末梢の血管がなにかしらの理由で収縮したり、または血管が硬く細くなったりすると血圧が上がります。血圧を上げる原因としては、塩分の過剰摂取、加齢、ストレス、気温などが影響します。特に日本人は塩分摂取量が多いといわれており、減塩食を心掛ける必要があります。
以上のことを心掛けても改善しない場合には内服による治療が必要となります。

消化器内科

食道炎

食道炎は、飲食物の影響(熱いもの、アルコール度数の高いもの)で引き起こされるものや胃酸の胃から食道への逆流で引き起こされる「逆流性食道炎」があります。「逆流性食道炎」は食道と胃の境界部分(食道胃接合部)が主に加齢により締まりが悪くなることによって、胃酸が食道内に逆流することで食道粘膜が障害を受けることで起こります。胃カメラで見ると軽度のものであれば、粘膜が白っぽく変化する程度ですが、高度となると潰瘍となります。
治療としては、食べた後にすぐに横にならない、おなか一杯食べすぎないようにするなどを心掛けるようにして、改善がないようであれば内服治療を行います。

胃炎、十二指腸炎

多くの場合、ヘリコバクターピロリ菌の感染が原因となります。幼少期に口から入ってきたピロリ菌は、アルカリ性の物質を出して周囲の胃酸を中和することにより胃内で生きていくことができます。その、アルカリ性の物質により、胃や十二指腸粘膜が障害を受け炎症が起きたり潰瘍ができたりします。感染状態が長期に持続していると胃がんの原因となることも知られています。現在、内服による除菌ができますので、感染が確認されれば除菌することが第一となります。

腸炎

腸炎は、寄生虫、細菌、ウイルス等の感染などから引き起こされる感染性腸炎、それ以外にもストレスや自己免疫、お薬、食事など様々な原因によって腸炎が起こることが分かっています。特に感染性胃腸炎は、ウイルスだとノロウイルス、ロタウイルス、細菌であればカンピロバクター、病原性大腸菌、ビブリオなどによる感染が原因となります。細菌性であれば抗生物質の効果が期待できますが、ウイルス性に効果がある薬はないため、対症療法となります。

便秘

便秘に対する治療は、以前は腸管刺激性下剤である「センナ」「アロエ」「大黄」がよく使用されていました。しかし、腸管刺激性下剤は長期に使用すると徐々に効果が低下し、腸の動きが低下するためできるだけ使用しない方針となっています。「酸化マグネシウム」をはじめとする非刺激性下剤による、治療が推奨されています。最近では、様々なタイプのお薬が開発されており、個々の症状、状態に応じた内服薬を選択することによって症状改善できるようになりました。

肝炎

肝炎には急激な炎症が起こる「急性肝炎」と長期的に炎症が持続する「慢性肝炎」があります。

「急性肝炎」の主な原因

A型肝炎ウイルス(食中毒)、B型肝炎ウイルス(血液感染など)、C型肝炎ウイルス(血液感染など)による感染によるものやお薬による副作用として発症することが多いです。多くは一過性の症状で自然に改善することが多いですが、慢性化することもあります。

「慢性肝炎」の主な原因

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスによる感染や自己免疫が原因となることがあります。慢性肝炎の状態が長期に持続すると「肝硬変」になります。「肝硬変」とは、文字が表す通り肝臓が固くなる病気です。肝硬変になると腹水や脳症、食道・胃静脈瘤、肝臓がんなど様々な合併症を起こします。C型慢性肝炎はインターフェロンを使用した治療法が行われていましたが、最近では、抗ウイルス薬が進歩しほとんど完治することができるようになりました。B型肝炎も抗ウイルス薬の内服継続によりウイルスの増殖を抑えて肝炎を改善できるようになりました。
また、上記以外にもアルコールや脂肪肝によって肝障害、慢性肝炎、肝臓がんが起こることが分かっています。

胃カメラ

当クリニックでは、細径の内視鏡を採用しており、検査の際には鎮静剤(ぼーっとなるお薬)を使用しできるだけ苦痛が少なくなるようにしております。また、嘔吐反射が強い方には、口からではなく鼻から検査をすることができます。

大腸カメラ

検査の際には鎮静剤(ぼーっとなるお薬)、鎮痛剤を使用することと、出来るだけ大腸を伸ばさないようにすることによって苦痛が少なく、かつ、検査時間が短い検査を行っております。また、大腸のポリープ(特に腺腫)は大きくなるとがん化する可能性があるため、がんになる前にとってしまうことにより発がんリスクを減らすことができます。当クリニックでは「クリーンコロン」と言って、大腸がんの原因となるポリープをできるだけ、検査の際に切除することをすすめています。

漢方内科について

西洋薬では対応できない風邪の症状や心身の症状など、心や体の不調に対して漢方薬が効果的な場合もあります。当クリニックでは、漢方薬の処方も行っていますので、何となく不調が続くな・・とお悩みの時も、是非一度ご相談ください。

倦怠感

生命活動の源である「気」が低下すると、体のだるさ、食欲の低下、元気がないなどの症状が起こります。この状態を「気虚」といいます。こういった症状の際には「気」を補充する「補気剤」をしようします。漢方薬では「補中益気湯」「六君子湯」などがそれにあたります。

冷え性

漢方では、「冷え」を非常に重要視します。冷えがあると代謝が低下し様々な症状を引き起こします。倦怠感、頭痛、易感染状態などです。こういった状況には体を温める「苓姜朮甘湯」「当帰芍薬散」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」などを使用します。

心身の不調

ストレスなどが原因となり気持ちが落ち込む、頭にかーっと血が上る、のどに何かが詰まったような感じがするなどの症状に対して、症状を緩和させる漢方薬があります。体の状態に応じて、場合によっては西洋薬と一緒に使用します。