一目でわかる!胃カメラ検査!

 

胃カメラ検査とは?

胃カメラ検査とは、体への負担が小さい細いカメラを使用し、鼻からもしくは口から「のど・食道・胃・十二指腸実際の映像として観察する検査です。

当院の胃カメラ検査は、「楽にかつ早く」挿入する技術を取得した日本消化器内視鏡学会専門医が実施いたします。

また当院の内視鏡検査は、富士フィルムの最新内視鏡AIシステムを活用しており、微細な早期がん・炎症・病変まで発見することが可能です。胃カメラ検査の所用時間は5~10分と短いため、体への負担も少ないです。また、その場で病理検査を行うことも可能です。

上部消化管内視鏡検査を行うことで、胃にできる炎症・がん・潰瘍などの病気を発見し、適切な治療方針を決めることができます。また、患者様のご希望があれば鎮静剤を使用し、ほぼ眠った状態で経口内視鏡検査を受けることが可能です。また、咽頭反射が苦手な方、えずきやすい方は、経口内視鏡検査も選択して頂けます。胸やけやお腹のことや、消化器内科・胃腸内科でお悩みの方は、当院へお気軽にお問い合わせ下さい。

 

胃カメラ検査で分かる疾患

胃がん・食道がん・胃ポリープ・胃炎・十二指腸潰瘍・胃潰瘍・食道静脈瘤・急性胃炎・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア など

胃カメラ検査の生検について

生検とは、病気が疑われる組織の一部を切り取り、ピロリ菌の有無や悪性・良性腫瘍の存在を確認するために行う病理診断です。胃カメラ検査で病気が疑われる組織が発見された場合には、その場で病変の一部を切り取り、生検を行わせて頂くことがございます。

切除時の痛みについては、胃の粘膜には痛みを感じる神経がないため、痛みを感じることはほとんどありません。

 

 

ピロリ菌について

ヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)は胃の粘膜にすみつく細菌です。感染していても多くの人は自覚症状がなく、ほとんどの場合は子供の時に感染していると言われています。胃、十二指腸潰瘍の原因だけなく、胃がん発生の要因と言われています。

胃がんについてはこれまでさまざまな原因が考えられてきましたが、現在はピロリ菌が最大の原因と考えられています。そのため、ピロリ菌に感染していることが判明した時点で除菌することが大切です。

胃カメラ検査の流れ

胃カメラを希望され、空腹で来られていましたら可能な限り、診察当日に検査を行いたいと思います。食事をされている場合や時間的に余裕がない場合には後日日程を決めて行います。胃カメラ検査は細いカメラを使いますので、鼻からもしくは口からカメラを挿入します。口からの場合は、鎮静剤を使用してボーっとなった状態で胃カメラ検査を行うこともできます。

 

胃カメラ検査の特徴

①「日本消化器内視鏡学会専門医による胃カメラ検査」

②「楽にかつ早く、正確な判断ができる内視鏡技術の取得」

③「鎮静剤を用いた眠ってできる胃カメラ検査/経口内視鏡検査」

④「細いスコープを用いてえずきを抑えた経鼻内視鏡検査」

➄「富士フィルムの最新内視鏡AIシステムを導入」

⑥「リカバリースペースの完備」

➆「土曜日も内視鏡検査が可能」

⑧「徹底した感染対策」

⑨「無料駐車場を完備」

➉「西鉄バス”下白水” ”下白水北七丁目” バス停より徒歩 約2分」

 

①「日本消化器内視鏡学会専門医による胃カメラ検査」

患者様の安全を第一に考えて、消化器病専門医・日本消化器内視鏡学会専門医・上部消化管内視鏡スクリーニング認定医である院長が内視鏡検査および上部内視鏡検査(胃カメラ検査)を実施いたします。

②「楽にかつ早く、正確な判断ができる内視鏡技術の取得」

開業前に勤務していた病院や二木会の研究会で培った経験豊富で安心安全で、正確な内視鏡技術を用いて、患者様に「楽にかつ早く」内視鏡検査を受けて頂けます。

③「鎮静剤を用いた眠ってできる胃カメラ検査/経口内視鏡検査」

当院では、鎮静剤を用いた眠ってできる胃カメラ検査を実施しております。ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

④「細いスコープを用いてえずきを抑えた経鼻内視鏡検査」

当院の経鼻内視鏡検査は、細いスコープを用いてえずきを抑えた胃カメラ検査を実施しております。鎮静剤を用いることなく胃カメラ検査することが可能であり、すぐにお仕事などを行って頂くことも可能です。経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査の選択でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

➄「富士フィルムの最新内視鏡AIシステムを導入」

当院の内視鏡検査は、富士フィルムの最新内視鏡AIシステムを活用しており、微細な早期がん・炎症・病変まで発見することが可能です。複数の高出力LED照明を用いて、血管や粘膜表面の観察を行うので、疾患の早期発見が可能です。

⑥「リカバリールームの完備」

胃カメラ検査で鎮静剤を使用された場合には、検査後に意識がはっきりとするまでリカバリールームにてお休みして頂けます。

➆「土曜日も内視鏡検査が可能」

平日に検査を受けるのが難しいという方にも受診をして頂けれるように、土曜日に内視鏡検査を実施しています。福岡県春日市下白水北にある当院までお気軽にご来院ください。

⑧「徹底した感染対策」

当院では、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに準じて、内視鏡検査毎に内視鏡スコープの洗浄・消毒を確実に行っています。また、徹底した感染対策を行っており、アルコール消毒や自動精算機はもちろんのこと、発熱外来の患者様と別の入口にて受診して頂くことも可能です。

⑨「無料駐車場を完備」

当院では、無料駐車場を完備しております。胃カメラ検査・大腸カメラ検査時に、鎮静剤をご希望の方はご自身で車・自転車など運転することはできません。鎮静剤をご希望の方は、公共交通機関または、ご家族の送迎でご来院ください。

➉「西鉄バス”下白水” ”下白水北七丁目” バス停より徒歩 約2分」

当院は、JR九州新幹線 博多南駅が最寄り駅となります。また、西鉄バスでは、「下白水」「下白水北七丁目」バス停より徒歩 約2分にクリニックがございます。
1割負担 3割負担
初心料 約300円(税込) 約1,000円(税込)
内視鏡検査のみ 約1,600円(税込) 約4,000円(税込)
内視鏡検査+ピロリ菌検査 約2,100円(税込) 約5,500円(税込)
内視鏡検査+病理検査 約3,000円(税込) 約8,000円(税込)

当院について

いのうえ内科(内科・消化器内科・漢方内科・内視鏡)では、「会っただけでもホッとする、元気になった。」を目指しています。
また、胃カメラ検査や大腸カメラ検査では、細いカメラや鎮静剤を使用することにより、「楽だった」「また受けたい」と思っていただけるような検査・治療を行います。
福岡県春日市下白水北にある西鉄バス「下白水」「下白水北七丁目」バス停より徒歩約2分

JR博多南駅 徒歩15分(JR西日本 新幹線停車駅)にあるいのうえ内科までお気軽にご相談をください。WEB予約をご希望の方はこちら【Web予約】

お電話でのご予約:092-981-2211

※「胃カメラ検査」「大腸カメラ検査」のご予約は、直接当院にご連絡ください。

この記事の監修者

「いのうえ内科」は、「会っただけでもホッとする、元気になった。」と言ってもらえる、親近感が持てる診療をめざしています。

大学卒業後、師匠より「何でも診ることができる医師になれ」との教えを胸に刻み経験を積んでまいりました。心や体の不調に対して、一般的な西洋薬はもとより、漢方薬も処方しています。西洋薬では対応できないような風邪の諸症状や心身の症状には、漢方薬が効果的であることを知り、故 福富稔明先生に師事し、漢方専門医の資格を取得しました。漢方治療では、身体の状態に合わせて治療を行っていきます。胃カメラや大腸カメラは、細いカメラや鎮静剤を使用することにより、「楽だった」「また受けたい」と思っていただけるような検査・治療を行います。大腸カメラは、二木会というカメラ挿入法の研究会で勉強し「楽にかつ早く」挿入する技術を身に着けました。大腸ポリープを見つけた際には、希望があればその場で切除することもできます。また、大学病院では肝臓癌の治療・研究を行っておりました。肝臓のことが気になる方も是非ご相談ください。今まで培ってきた経験をもとに地域の皆さんに寄り添い、笑顔にすることができたらと思います。

院長 井上 欣哉 いのうえ きんや

この記事の監修者

【資格】

  • 認定内科医
  • 総合内科学専門医
  • 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 上部消化管内視鏡スクリーニング認定医
  • 大腸内視鏡スクリーニング認定医
  • 漢方専門医
  • 肝臓専門医

【所属学会】

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本人間ドック学会
  • 日本渡航医学会

【詳しい監修者情報はこちら】

2022年11月05日